ウェブ担当者が知っておきたい読んでもらえる文章を書く3つのコツ

読んでもらえる文章を書く為に

「良い商品で、ホームページを見てもらえているのに反応がない、、、」
「ホームページを公開したけど、反応が少ない。」
「商品の良さは伝えられるのに、紹介文章がうまくかけない。」

お客様とお話をしていると、そんな話を良く耳にします。
ウェブサイトを公開して、ホームページを使った販促を成功させる為には、いろいろな条件が必要と言えます。
今回はその一番大切なコト『ライティング』、、、つまり文章を書く事について、ちょっとしたノウハウをお伝えしたいと思います。

読んでもらう文章を書く為に(1)
分かってもらえる文章の整理を。

文章を読んでもらう為の抑えたい3ポイント

アクセスしてくれた訪問者に分かり易く読みやすい構造であるコト。
これが一番です。
その為に何が出来るか考えてみましょう。

 

飛ばし読みをしても内容を把握できるタイトルを付ける

文章の一般的な構造は、まず文章のタイトルがあり、続いて大見出し、中見出し、小見出しがあり、その中に本文である文章があり、内容を細かく伝えてくれます。
この構造がしっかり組める事で、見出しを飛ばし読みするだけでも内容を理解できるように文章をレイアウトします。

アクセスしにきた人が必ずしも、がっつり読んでくれるとはかぎりません。
何度かのネットサーフィンをして、貴方のページにたどり着いている可能性もあります。
そんなとき、全部ダラダラと読まなければ理解できないとなれば、離脱率は一気に上がってしまいます。
流し読みができることで、細かい内容まで読んでもらえるのです。

➡ スマホでの滞在時間を上げる為のブログの書き方
具体的な読飛ばしができる目次を設定して、ユーザービリティの向上をはかります!

 

文章は簡潔にまとめる

前項目と少しかぶる内容になります。
リンク先をクリックしたとき、原稿用紙にたっぷりとかかれた用なページにたどり着いた時、貴方は文章を最後まで読みますか?
もちろん、ガッツリ調べ物をしていた時等は読むかもしれませんが、そんなページはなかなか読まれません。
『今のページもそんなことなってないよ〜〜』
そんな声も聞こえてきそうですが、全部でなくても、文章のカタマリが大きければ、嫌厭されて、本来読んでもらいたかった文章が読んでもらえず、効果が上がらないページになる、、、そんなコトになりやすいのです。

そんな時は、小見出しや中見出しをうまく使用して、1つ1つの文章のカタマリを小さくする事が大切なのです。

➡ ブログ記事の初心者が見ておきたいSEOの話
ブログ記事の書き方はちょっとしたコツがあります。大変なのは始めだけ!
しっかり覚えて効果的な記事を書いていきましょう!

 

意味がわかるキーワードを使用する

伝える側が勝手に知っていると思っている「キーワード」が、実は受取手は ? ということがよくあります。
専門用語が入っていないのはもちろんのこと、説明方法も難しいキーワードが入っていないか注意して、分かり易いキーワード選びをしましょう。

悩んだ時は、書いた文章を他人に読んでもらうとか、よく検索がかかっているキーワードを調べ、そのキーワードに置き換えてみる事も重要です。

 

読んでもらう文章を書く為に(2)
検索エンジンを意識した文章構造を。

文章を読んでもらう為の抑えたい3ポイント

インターネット上では、ホームページの内容が読みやすい事はとても重要な事ですが、読んでもらう為には、検索エンジンに理解されて上位表示されないと意味がありません。
その為の工夫を考えてみましょう。

効果的なページタイトルをつける

ページタイトルは検索エンジン対策上、大切なキーワード挿入ポイントです。
対象キーワードをしっかりといれたタイトルにすることは最も大切なポイントと言ってもいいかもしれません。
とはいえ、キーワードを羅列したようなタイトルはいけません。しっかりと、文章にしたときに意味が通るタイトルを付けて閲覧者にもしっかりと訴求できるタイトルを付けましょう。

ただし、いくらクリックを多くしたいからといって、ページの内容と全く違うタイトルにしてはいけません。
閲覧者は、そのタイトルについての『期待度』もって、ウェブサイトに訪れてきます。その期待が全く外れるものであれば、直帰率が高くなるだけですので、注意して下さい。

➡ タイトルをつける時に気をつけたい集客の為の6つのポイント
そのタイトル、自分でクリックしてまで見たいタイトルですか?
検索エンジン対策になっていますか?しっかりとチェックしておいて下さい。

 

文章中に対象キーワードをしっかりと埋め込む

検索対策上、昔言われていたようなキーワード率○○%というのは必要ありません。
文章の中に、極力対象キーワードを挿入し、自然な文章が構成できるように工夫しましょう。前後のキーワードも影響する可能性があるので、ちゃんとした意味のとおる文章として、自然にキーワードを埋め込むのがコツです。

また、検索エンジンは、ページ上部を重用視する傾向があります。
ですので、対象キーワードはなるべく上の方、つまり文章の冒頭に登場させると効果が高くなる事が予想されます。

 

読んでもらう文章を書く為に(3)
起承転結をおろそかしないレイアウトを。

文章を読んでもらう為の抑えたい3ポイント

いくら文章をしっかり書いても、適切な流れで配置しなければ、閲覧者のテンションが下がり反応率もあわせてダウン!
そうならない為にも、文章の起承転結をしっかりしておきましょう。

目的を明確にする

対象ページで行いたい事はなんでしょうか?
商品を購入するコト、商品をしってもらうコト、ブランディング力を高めるコト、、、、
目的を明確にして、その目的に落とし込む文章レイアウトをしっかりとしてください。

結:目的

これを決めたら、そこに向かって文章を構築して、”したくなる”気持ちを高める起承転結を組んでみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ウェブライティングで大切な事は、読み手と検索エンジンを理解していく事です。

文章を読んでもらう為の抑えたい3ポイント
  • 文章を整理してコンパクトに
  • 検索エンジンに理解される文章構造
  • 見ている人が納得してくれる起承転結

この3ポイントを意識して文章を書いてみて下さい。
これにあわせて、写真や画像、図を適切に挿入して行く事で、成約率が高まる事は間違いありません!

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?