5分でできる!結果を出したい人のための目標設定方法

仕事効率アップ

「頑張っているけど、結果に結びつかない。」
「成功している人と自分との違いは何なんだろう?」

いろいろなことを試しているのになかなか結果が出ないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

進むべき方向や戦略が見えないままにやみくもに努力しても、結果は出ません。
結果を出すためには、まず目標設定をすることが大切です。
成功する人は、目標設定が明確にできています。
ここでは、結果を出すための目標設定の方法を紹介します。

1.ビジネスで目標設定をする5つのメリットとは?

ビジネスで目標設定をする5つのメリットとは?

ビジネスにおいて具体的な目標を立てることは大切で多くのメリットがあります。
仕事を進めていく時には、具体的な目標を立ててその目標を共有しましょう。
目標設定には、個人だけでなくチームや会社全体にも関わることなので、常に目標を設定する習慣を身につけると働き方も変わってきます。

メリット1.目標のために何をすべきかが明確になる

目標を設定するメリットは、自分が何をするべきかが明確になることです。
漠然とただ毎日の業務をこなしているのでは、自分が何をすればいいのかがはっきりしません。
目標が設定されると、その目標を実現するために今自分が何をするべきなのかを考えるようになります。
進むべきゴールを明確にすることで、戦略が立てやすくなります。

メリット2.目標達成のために足りない部分が見える

目標を設定するメリットは、目標を達成するための足りない部分が見えてくることです。
具体的な目標を設定すると、目標に到達していない部分を知ることができます。
どこが達成できていなくて、どんなふうに改善していけばいいのかを考えることで確実に目標を達成できるようになります。

メリット3.数値化することで客観的に状況を把握できる

目標を設定するメリットは、数値化することで客観的に状況を把握できることです。
目標を設定したら、目標までの工程を細かく設定します。
そうすることで、そのポイントまで到達しているのか、その分野が足りていないのかを客観的に数値で把握することができます。
目標を設定する時は、客観的に判断できる数値で判断することも大切です。

メリット4.チーム全体で目標達成に向かって努力できる

目標を設定するメリットは、チーム全体で目標達成に向かって努力できることです。
目標という目に見えるゴールがあると、チームで同じ認識を持つことができます。
売上をあげたいという漠然とした目標でなく、具体的な目標設定をすることで働き方も変わり、チーム内でもお互いの足りていない部分を改善しやすい体制を作り出せすことができます。

メリット5.仕事に対するモチベーションが上がる

標を設定するメリットは、仕事に対するモチベーションが上がることです。
何のために頑張るのか?そのためには何をするべきか?今その達成度はどれくらいなのか?を常に考えると仕事に対するモチベーションがあがります。
目標設定をすることで、働く意欲や工夫にもつながるのです。

2.ゴールを明確にした目標設定の方法とは?

ゴールを明確にした目標設定の方法とは?

目標設定の大切さは分かっていても、具体的にどんな方法で設定すればいいのか分からないという場合もあるでしょう。
目標を設定するには、具体的な戦略をイメージすることが大切です。
ここでは、店舗集客を目標にする例を考えてみましょう。

(1)具体的な数値目標を考える

広く集客するためにSNSを使って店舗宣伝をした場合、何ヶ月で○人集客するというように具体的な数値目標を立てましょう。

「集客ができたらいい。」
「常連客に見て楽しんでほしい。」

というような抽象的な目標では実際の目標にはつながりません。
曖昧な目標だと、どの方法が成功したのか、失敗したのか、目標達成率は何%なのかなどの検証ができないからです。

例えば、SNSからLINEに誘導してフォロワーを増やし、特典としてクーポンを配布することにすれば、来店してクーポンを使った人数でどれだけ集客に成功しているのかを検証できます。

数値化することで目標の達成率がわかりやすくなります。
目標をたてる時は具体的に数値目標を設定しましょう。

(2)目標達成までの工程を細かく設定する

最終目標が決まったら、それまでの工程を細く設定しましょう。
工程を細かく設定すると、どこが成功してどこが失敗しているのか判断できるので、どの部分を強化すればいいのかが分かってきます。

集客できない原因が、集客方法にあるのか、誘導方法が悪いのか、来店率が悪いのか、購入率が悪いのか、どこに原因があるのかを探ることで、目標達成できるかどうかが決まります。

大きな目標を設定すると同時に、目標までの細かな工程を設定しましょう。

(3)目標達成するためには今何をするべきか考える

目標を設定したら、その目標達成のために今何をするべきなのかを考えましょう。
いつまでにその目標を達成しなければならないのかが分かれば、今何をするべきなのかを1日のTODOリストに落とし込んでするべきことを明確にします。

チームで行う場合も、各分野でのTODOリストを共有することで、目標の達成状況をシェアすることができます。
共有するとお互いの仕事が見えやすくなり、自分が何をするべきかを知るきっかけにもなるのです。

3.まとめ

目標を設定すると進むべきゴールがはっきりするので、そのための戦略が見えてきます。
目標を設定する時は、具体的に数値化し足りない部分を可視化することが大切です。

改善するポイントがわからないまま進めていては、頑張ってはいるけれど結果が出ないという悪循環に陥ってしまいます。
客観的に目標達成が出来ているのかどうかを判断するためにも、具体的に数値化して効果を検証しながら進めていきましょう。