EWWW Image Optimizerの使い方

wordpress-bg-medblue

ワードプレスを使用したウェブサイトが多くなり、個人・企業など自分たちで管理しやすくなっています。
ただ、ワードプレスをそのまま利用していては、パフォーマンスが落ちるだけでなく、深刻な問題につながることもあります。

ワードプレスを自社で管理しているあなたへ。

必要なプラグインの基礎的な使い方をお伝えします。

 

EWWW Image Optimizerとは

wordpressで画像をアップロードするオリジナルの画像や、サムネイル用に作られた小さい画像などの容量を最適化(容量を減らしてくれる)してくれるプラグインです。

プラグインをアップロードしたタイミングで最適化してくれますが、プラグインを導入する前の画像であっても、ボタンひとつで全てを最適化してくれるすぐれものです。

どんなメリットがあるのか?

画像を最適化することで、閲覧者が早くページを開き、本文を読んでもらえる。というメリットがあります。

なぜ、画像の表示を早くした方がよいか

googleは検索エンジンのランキング要素としてページの表示速度は重要としています。
デジカメやスマートフォンで撮った写真サイズは容量が大きく、表示するまでに時間が掛かってしまい、閲覧者に対して待ち時間を与えてしまいます。

web上で必要な画素数と印刷する時に必要とする画素数には何倍もの差があり、ブログやホームページで使用するのに印刷と同じ画像は不要になります。
その為、web上で必要十分な画像に最適化することで、画像サイズも大幅に削減でき、表示スピードもあがる。という訳です。

 

インストール方法

  1. プラグインの検索画面から「ewww image optimizer」と検索
  2. インストール
  3. 有効化

の手順です。

 

初期設定手順

設定カ所は、変換設定タブの「コンバージョンリンクを非表示」項目のみです。

「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れる意図は、EWWW Image Optimizerの初期機能に、pngをjpgに変換したり、その反対のjpgをpngに変換する機能無効にするためです。
変換する必要が無いですし、変換することによって劣化してしまうのを防ぐ為です。

 

画像の圧縮


画像の圧縮する手順は下記の3つになります。

  1. 画像をアップロードするだけで、最適化圧縮してくれる。
  2. プラグインを入れる前の画像は自動で圧縮されないので、手動での対処となる。
    「最適化」リンクをクリックすると個々に最適化することができる。
  3. プラグインを入れる前の画像をまとめて最適化する場合には、「一括最適化」のリンクより「最適化を開始」をクリックする。

とても簡単に、画像の最適化をすることができるプラグインです。良いコンテンツがあったとしても画像が大きい為に表示速度が遅くなり、待ちきれない人たちが離脱してしまう。そんなことにならないように、画像を最適化して快適な環境を保つようにしてみてはいかがでしょうか。

wordpress-bg-medblue

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?