WordPressで、投稿や固定ページにウィジェットを設置したい

取り付け

全てのページ共通ではなく、そのページだけにウィジェットを表示させたい。
そんなことが出来るプラグイン「Page Builder by SiteOrigin」を使ってみました。

プラグインのインストール

Page_Builder_by_SiteOrigin1
プラグインの新規追加から「Page Builder by SiteOrigin」を検索してインストールしましょう。
今すぐインストールで、すぐにできます。

下記のページからダウンロードすることもできます。
https://wordpress.org/plugins/siteorigin-panels/

特に設定も無いので、インストールするだけです。

ウィジェットを固定ページに設置してみよう

Page_Builder_by_SiteOrigin2
インストールが完了すると、投稿と固定ページの登録画面、
見慣れた「ビジュアル」「テキスト」タブの横に「Page Builder」タブが追加されています。

これをクリックすると、エディタが切り替わり、設定が行えるようになります。
Page_Builder_by_SiteOrigin3
左上にある「Add Widget」をクリックすると、ウィジェットのリストが表示されるので、その中から該当ウィジェットを選択すると、配置されます。
配置後はドラッグで順番を入れ替えたり、ウィジェットの設定ができる場合は「Edit」から設定を行うことができます。

「Revert to Editor」をクリックすると、エディタを戻すことができるのですが、
設定してあるウィジェットがHTMLに置換されてしまい、動的な動作ができなくなってしまうので、ご注意ください。

このことがあるので、全てをウィジェットで作る必要があります。
HTMLや文章を書きたい、という時は「テキスト」ウィジェットを使うことで対応できます。

入力が終わったら、いつもと同じように公開・保存・更新することで反映されます。

こういう活用方法も考えられます

このプラグインを活用して、先日使ってみた「WordPress Popular Posts」を設置してみました。
Page_Builder_by_SiteOrigin4
サイドバーよりも範囲を広く使えるので、表示件数を増やしたり、サムネイルを大きく使ったり、文章を表示させても窮屈に感じないようにできます。
(レイアウトは少し調整したほうが良さそうですね…)

これで人気の記事を集めた、特別なページを作ることができました!
ウィジェットを個別に設置できることで、このような新しい使い方もできるようになり、他のプラグインとあわせることで、さらに使い方の幅を広げることができますね。

取り付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?