macのSSHクライアントソフト – JellyfiSSHを使ってみた

仕事効率アップ

JellyfiSSHJellyfiSSHはmacのSSHクライアントソフトです。ホームページを作成する際や、リニューアルするときなど、FTPでも出来るけど、SSHから作業すると、とっても便利なソフトです。どのように便利なのか、まとめてみました。

初期設定から接続

JellyfiSSH JellyfiSSH

JellyfiSSHを起動後、Newボタンから新規に接続情報を登録し、登録したものを選択して、接続します。いたって簡単!

サーバーの中でのコピーがとっても楽!

FTPを使用して別ディレクトリ(別ドメイン等)にファイルをコピーする時は、一度ローカルにダウンロードし、そのファイルをアップロードするという流れになるかと思います。1つ2つのファイルをコピーするのであれば良いのですが、サイト一式をダウンロードするなんて、場合によってはとんでもない時間が掛かりますよね。そのファイルをまたアップロードして、パーミッションの変更をして・・・。非常にめんどくさいです。

そんな時に、SSHで作業するとcpコマンド1つで目的のディレクトリにコピーすることが出来ます。

例:
cp -fpr ./html/* ./html2/

たったこれだけで、htmlディレクトリ内のファイル一式をhtml2ディレクトリにパーミッションを維持しながらコピーしてくれます。とっても楽ですね。

サーバーの中のデータをzipで圧縮

データフォルダのバックアップ等の為や移設する場合に、ディレクトリを圧縮しておくと便利ですね。圧縮したファイルをダウンロードする方が1つ1つダウンロードするよりもはるかに時短になります。

例:
zip -rq ./filename.zip ./html/*

圧縮もたったこれだけ!超カンタン。htmlディレクトリの中身をfilename.zip という名前で圧縮されます。

まとめ

いかがでしょうか。他にも便利なコマンドは沢山ありますが、この2つを知っておくだけでもホームページ制作、移設、リニューアル等の作業は大幅に時短出来ますよ。

参考サイト:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230889/