無料WiFiスポットでやってはいけない事。

フリースポットでやってはいけないこと

無料スポットとは、無線LANでインターネットにアクセスできる環境をお客様に開放して、自由にインターネットを利用できるサービスです。
無料でインターネットに接続でき、しかもWiFiスポットを利用すれば、自分の通信量に負担がかかることがないので、便利で利用する人も多くなっています。
が、しかし!そこに潜む危険もあるわけなのです。
それを今回はお伝えしたいともいます。

 

セキュリティ対策が0のスポット

フリースポットでのアクセスは十分注意
  • Free
  • Public
  • FON_FREE_INTERNET
  • FON
  • 0001softbank

これらの名前で出てくるWiFiスポットは、セキュリティ対策をしていないため、パソコンの不正アクセスをされたり、ウィルス感染をさせられる可能性があるという事を覚えておきましょう。
セキュリティ設定を行わず、無線LANを安易に使用する事は、簡単にパソコンをのぞかれる事にもなります。
大切な情報のやり取りをする場合は、SSLなどを利用して、自己防衛をするクセを付けておく事が大切です。

 

無料(フリー)スポットで、自分を守る基本

フリースポットアクセスで気をつける事
  1. ホフリースポットでは、ネットバンキングやオンライントレード等は行わない。
  2. ID、パスワードが必要なサービスを利用しない。
  3. 重要な取引や、通信内容には使用しない。
  4. このサイト見てる!ってことは知られたくないサイトにはアクセスしない。

 

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?