初心者のためのgoogle analyticsの基本用語解説

アクセス解析の言葉解説

ユーザー

一日に何人の人がブログに訪れているのか確認出来ます。

一人のユーザーが何ページ見ても「1」ユーザーですね。同じ人でもIPが違えば「2や3」ユーザーなどになります。例えばPCとスマホで見た場合は、同じ人であっても「2」ユーザーになります。

 

セッション

先ほどのユーザーが、1日の内であっても一定期間後にページに戻ってきたら、「2」セッションとなる。

一定期間の初期値は30分となります。30分以上操作が行なわれずに、その後に操作をした場合は「2」セッション。サイトを一度離れても、30分以内に戻ってきた場合は「1」セッション。
例えば24時間で、4時間おきにブログをチェックする人がいれば「6」セッションとなります。

 

ページビュー

ページビューは1セッションのユーザーが見たページの数になります。
5ページ見たら「5」ページビュー。何アクセス達成というのは、大体がこの数字になります。

一つ例えると、100人アクセスがあって300PVと200人アクセスがあって250PVならば、100人アクセスがあるブログの方がPV(ページビュー)は多い事になります。

 

ページ/セッション

1人のユーザーが、1セッション内に平均何ページ見ているかの数値。
例えば、100セッションあって130ページビューならば、一人平均1.3ページという事になります。

 

平均セッション時間

ユーザーがサイトやブログに何分間とどまったかの平均時間。
この数字はある程度の参考迄にとどめておいても良いかも知れません。

記事の長さによっても違いますし、ユーザーのその場面によっても違います。
ただ、極端に低い場合は、どこか悪い場所はないか見直してみましょう。

 

直帰率

最初に訪れたページから、他のページを見ずに帰ってしまったユーザーの数値。
いわゆるPVが「1」のユーザーですね。

上でPVをあげていきましょうという話をしましたが、やはり多くの人は目的の記事を見たら帰ってしまいます。平均の数字で言えば、ブログでは70%後半~90%位でしょうか。

70%に近い方が良い数字です。
サイトだともう少し低い数値になります。バズったりすると極端に数字が上がったりもしてしまいます。{ページ/セッション}と同様に、パーセンテージを下げられるように見直してみましょう。

 

新規セッション率

アナリティクスで集計を始めてから、新しく訪れたユーザー(新規訪問)の数。
逆に何度か訪れてくれているユーザーはリピーターと言う。

新規ユーザーが100%の場合、リピーターは「0」になってしまいますね。はてなブログ等のようにコミュニティ色が強い場合はリピーター率は高くなります。ワードプレス等でブログを始めると、最初からリピーターを得る事は難しくなりますが続けていく事で増えていきます。リピーター=ファンであるとも考えらます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?