【Googleアナリティクス】スマホ対応・電話番号タップを計測する設定方法

googleアナリティクスでスマホ電話タップを計測する

googleが提供しているgoogle アナリティクスは、無料で多くの機能を提供してくれており、ウェブサイト運営には欠かせないツールです。
これがなかったら、どうやって改善やリニューアルのタイミングをはかるの?ってぐらいです。

ですから、効果を測定する為にも「目標」の設定をしているかと思います。
お問合せ➡確認ページ➡完了ページ
この完了ページに、コンバージョンの設定をし、効果計測を計っているわけです。

特定のページであれば、URLを設定するだけで済むわけですが、
では、スマホなどで、電話タップをした場合の計測はどのように行えば良いでしょうか?

 

リンクにトラッキングコードを設置する

まずは、計測をしたい電話リンクのタグに下記のコードを貼付けます。

<a href=”tel:012345678” onClick=”ga(‘send’, ‘event’,‘tel’, ‘tap’ ,’footer’,‘footer’, 1);”>電話する</a>

これで、html側の設定は完了です。

それぞれの要素について簡単に説明をしておきます。

 

1. onClick

これはJavascriptのイベントハンドラです。
今回はユーザーが「クリックした」というイベントを計測したいのでonClickというJavascriptのイベントハンドラを使用していますが、このイベントハンドラは色々用意されているので計測したい用途にあわせて設定してみてください。

2. ‘send’, ’event’,

グーグルアナリティクスで計測するための決まった要素なので変更はしないでください

3.カテゴリ(’tel’)

トラッキング対象をセグメントし、より計測しやすいようにグループ化するため名前(任意)をつけます。
例えば今回は電話ですが、ダウンロードの計測をしたい場合には、’downlod’として、ダウンロードした回数を計測したい時ように設置するなどです。

4.アクション(’tap’)

アクションに名前(任意)をつけます。
イベントハンドラに対応した名前をつけておくとわかりやすいですね。

5. ラベル(’footer’)

こちらも任意で名前をつけることができます。
ラベルは必須項目ではないので入れなくてもようのですが、たとえばユニーク情報をとりたいときなどにつけておくと便利です。
今回の例では、フッターに設置している電話番号という意味で、footerにしてあります。

6. 値(’1’)

値を整数入力することでイベントに価値を設定できます。

 

googleアナリティクスで目標の設定をする

「アナリティクス設定画面」から「目標」をクリックします。

googleアナリティクスで目標設定
目標設定の画面になりますので、「新しい目標」をクリックします。

目標設定の編集

用意されているテンプレートの中にはありませんので、イベントを選択します。

googleアナリティクスでスマホ電話タップの効果を計測

 

目標の説明を編集

目標名を入力し、「イベント」を選択します。

googleアナリティクスでスマホ電話タップの効果を計測

 

目標のイベント条件を設定

先に表示した例で説明すると、カテゴリに “tel” 、アクションに “tap” を入力します。
ここでは、ラベルを使わず測定するように設定しますので、ラベルには特に入力はしません。

googleアナリティクスでスマホ電話タップの効果を計測

「保存」をクリックして、目標の設定完了です。

 

google で目標(コンバージョン)の数値を確認する

googleアナリティクスのレポート画面のサイドメニューから

コンバージョン – 目標

を、クリックすると設定している数値を確認することができます。

googleアナリティクス 目標(コンバージョン)の確認

 

「googleアナリティクスで電話タップを計測」まとめ

スマホアクセスが多い場合は、お問合せフォームよりも圧倒的に電話タップが多いはずです。
考えても見て下さい。
スマホから、お問合せフォーム入力するの不便だし、面倒くさいですよね?
ご自分も、電話しちゃいませんか?

それが市場の声です。

ちゃんと電話問合せがし易い仕組みを作ることが、反応をとる為の大切なウェブサイト設計になります。
そして、設置している場合、効果を見るためには、ちゃんとアクセス解析をして、成果が上がっている方向に進んでいきましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?