サルにも分かるwordpressテーマインストール・設定方法

wordpress無料テーマ

最近wordpress関連を調べていると何かと、無料でダウンロードできるテーマが検索されます。
コストを抑えて自社ウェブサイトを簡単にリニューアルしたいと考えている、企業の広報担当者にはうってつけです。
もちろん、ウェブデザイナーであっても、このテンプレートをもとにカスタマイズすれば、1から作るよりもかなり短時間でホームページを仕上げる事ができますから、とても便利でありがたい情報です。

さて、そこで問題。。。

インターネットを使って、ある程度htmlを駆使してデザインも作れるけれども、wordpressにテーマを当てはめるとなると、これはなかなか難しい。。。そんなウェブデザイナーや広報担当者の皆様へ、wordpressのテーマの当てはめ方をお伝えします!

 

wordpress(ワードプレス)ってなに?

wordpressは、ブログを作成する為のプログラムで、無料ブログのように管理画面から記事を投稿すると、自動的にホームページが出来上がる仕組みになっています。

htmlやプログラム等の専門知識が必要ないため、個人のブログから企業のウェブサイトまで幅広く活用されており、世界中で人気の高いプログラムとなっています。

このwordpressを利用する為の費用は一切必要なく、個人ホームページであっても、商用のウェブサイトであっても、すべて無料でつくることができるも人気の1つです。

wordpressを使ったホームページ作成初心者の方の為にもう少し、wordpressについてのおさらいをしておきましょう。

 

無料で利用可能

無料でワードプレスは使えます

先に説明した通り、wordpressは完全に無料ですべての機能を利用する事ができます。
※サーバーやドメイン取得費用は別途かかります。
よく似たプログラムに MovableType(ムーバブルタイプ:略してMT)というものがありますが、こちらは利用形態によりライセンス費用がかかり、完全に無料で使用する、、、というわけにはいきません。
wordpressの利用者がおおいのも、この”無料”というのが非常に大きいと思います。

 

独自ドメインが使用可能!

自分でドメインを取得して、サーバーを借りてwordpressをインストールする事で、自分のドメインで運用する事ができます。地元ブログや、アメブロなどのような無料ブログでは、自社ドメインではなく、アメブロなどのURLの一部の名前しか指定できません。

これではブランディングイメージにも良くありませんし、検索対策をするうえでも、最善の策ではありません
自社ドメインで運用できるのは大きなポイントです。

 

プラグインによる便利な機能を大きく拡張!!

wordpressプラグイン一覧

wordpressの機能をより便利にする為に、世界各国のエンジニアが便利なプログラムを用意してくれます。
スパムを排除してくれたり、SEOに効果があるものだったり、、、
そんなプラグインが数多く存在しており、インストールも、管理画面からクリック1つで簡単に出来てしまいます。
※細かな設定が必要なものもありますが。。
自社のウェブサイトの管理機能を少しでも便利にしたり、デザイン性を向上させたりするのが簡単にできるのも、このwordpressの大きな特徴のひとつでもあります。

 

常に進化を続け機能が改善されているwordpress

ワードプレスの進化

2003年5月に公開されて以来、度重なるバージョンアップが続けられてきました。
そして、今も機能改善は続いており、これからも続いていきます。(たぶん)
wordpressの機能改善は、ブログツールとしての工場だけではなく、セキュリティ対策に関しても常に進化をしているのです。このように、WordPressは「利用者がいかに快適に使えるか」という視点で提供されているブログツールですから、信頼感が違います。

長期的にウェブサイトを運営を続けていきたいなら、安心して利用し続けることはとっても大切です。

 

そして、無料のブログテーマが多く提供されているツール

wordpress無料テーマダウンロード

テーマというのは、wordpressで作成したブログのデザインを決めるテンプレートのようなものです。
世界中であらゆるジャンル(例えば、企業向けであったり、写真家向けだったり)のテーマが配布されており、その多くは無料でダウンロードする事も可能なのです。

wordpressで自社ウェブサイトを運用するだけで、リニューアルの作業もボタン1つで行う事ができますし、イベントでごっそりホームページ変えたかのような作業も、ほんの少しの手間で実現する事ができるのです。

 

今回は、このテーマの当てはめ方について
レクチャーします!

 

step1:wordpressの無料テーマをダウンロードする

wordpress無料テーマダウンロードサイト

30 Free, Responsive and Stunning WordPress Themes – WPMU DEV

その他の記事でも、wordpressの無料テーマのダウンロードを紹介する記事をアップしていますが、今回は、30個の無料テーマを公開している『30 Free, Responsive and Stunning WordPress Themes – WPMU DEV』をご紹介しながら、手順を進めていきます。

このwordpressテーマ配布ウェブサイトのテーマは、レスポンシブ対応のテーマを配布してくれています。

RWD / Responsive Web Design
Webデザインの手法の一つで、様々な種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応すること。

WebサイトやWebページをパソコンやスマートフォン、タブレット端末など複数の機器や画面サイズに対応させる際、内容が同じでデザインや動作をそれぞれに最適化した複数のHTMLファイルやCSSファイルを用意し、HTTPリダイレクトなどでアクセスを振り分ける手法がよく用いられる。

レスポンシブデザインではこのような対応はせず、表示された機器の種類やサイズに応じて表示内容が最適な状態に変化するよう設定された単一のファイルを制作し、すべての機器に同じように送信する。複数のファイルを用意する場合に比べ、デザインや機能の自由度は下がるが、すべての機器に同じ内容を表示でき、更新作業の簡略化や更新漏れの防止が期待できる。検索エンジンやアクセス解析に内容が重複した複数の異なるURLが出現することも避けられる。

出典:IT用語辞典より

 気に入ったテーマをダウンロードする

wordpressテーマのダウンロード

ページの中から、気にいったデザイン、構想するウェブサイトのイメージに合うものを選んで下さい。

『Demo』ボタンをクリックすると、実際のウェブページを見る事ができます。
配布サイトには、プレビュー画像しか表示されていませんが、このボタンをクリックする事で、ウェブサイト全体のデザインや、その他のページのイメージをつかむ事ができます。

そして、気に入れば『Download』ボタンをクリックして、必要なデータを自分のパソコンに取り込みます。

 

wordpressテーマのインストール

ダウンロードしたテーマを解凍する

ワードプレス無料テーマ

ダウンロードしたファイルを解凍すると、下記のような構成になっていることがほとんどです。
今回は、Pointというテーマをダウンロードし、進めていきます。

wordpressテーマをダウンロードして、解凍してみる

 

wordpressにテーマをインストールする

ワードプレステーマをFTPでアップロード

ウェブサイトのサーバーにFTPで接続します。
※FTPの情報が分からない場合は、契約しているサーバー会社に確認してみて下さい。

先ほど解凍した『point』フォルダを、webサーバーにアップロードします。
アップロードする場所は、wp-content → themesの中にします。

 

wordpressテーマを当てはめる

wordpressの管理画面にログインします。
左側に表示されているメニューの外観 → テーマの順にクリックします。

wordpressのテーマを当てはめる。

すると、テーマ一覧が表示されます。
先ほどの手順で、FTPにて正しいフォルダに、pointフォルダが正しくアップされていれば、Pointテーマが一覧の中に表示されます。

wordpressテーマを当てはめる

マウスを載せると、有効化というボタンが表示されるので有効化をクリックします。

これだけの作業でwordpressのテーマを当てはめる事ができます。

テーマを変更しても、すでにアップしたブログ記事に影響はありません。
レイアウトの違いにより、サイドメニューに表示していバナーなど一部無くなったり、サイズの調整が必要の場合がありますが、基本的には今までのコンテンツを継承して、レイアウトをがらりと入れ替える事が可能です。

 

wordpressテーマを利用するメリット

早いウェブトレンドの流れに対応

ウェブトレンドは常に変わっていきます。
その都度コストをかけて、テーマやデザインを変更していては、対費用効果が薄れてしまいます。
数多くのwordpressテーマから、極力デザインをカスタマイズする必要がないテーマを選択していけば、大きなコストダウンにつながりつつ、ウェブサイトのメンテナンスにかかる時間も削減する事ができます。

専門的な知識をもっているウェブデザイナーを抱えている場合も少ないでしょうし、企業の広報担当者という肩書きであれば、それこそリニューアルにかかる時間とコストは莫大になります。

少ない人員でも、ホームページを活用した販促やブランディング強化を図る為にも、ウェブサイトの運用のひとつの手段として、頭の片隅にストックしておいてはいかがでしょうか?

 

まとめ

導入部で大それた書き方をしてしまったので、身構えてしまった方もいるかもしれませんが、案外簡単に出来そうではないでしょうか?
レンタルサーバーの中には、はじめからwordpressをご利用頂けるサーバーもあります。
それらのサーバーも活用してみれば、時間もコストも大幅削減!

そして、さらに専門業者とタッグを組めば、さらに効果の高いウェブサイトを構築できると思います!
さぁ、この記事を活用して、効果の高いウェブサイトの運営を図って下さい!!

 

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?