タイトルをつける時に気をつけたい集客の為の6つのポイント

集客ができるタイトルの付け方

google の検索プログラムも、これからどんどんコンテンツSEOに傾いていきます。
文章も大切ですが、タイトルの付け方も注意してきたいものです。
検索的な思考も必要ですが、まずは見てもらえるか?そんな事も考えながら魅力的なタイトルを付けてみましょう。

 

検索ターゲットとなるキーワードを含める。

キーワードを意識したタイトルを付ける

SEOを考える上で、タイトルは非常に重要な部分です。
それだけに、そこに書かれている文章は、キーワード的に非常に重要なポイントとなる訳です。
狙ったキーワードで上位に出す為には、そのキーワードは、しっかりと含めておきましょう。

その際気をつけておかなければいけないことは、無理してキーワードを並べる事で、日本語文章としておかしくならない事。
キーワードの羅列のタイトルは問題外です。
読んで意味のとおるタイトルを心がけましょう。

 

サイト名や企業名をいれて、しっかりとPRする

この話は、html コーディング時の title タグが主な話になります。
各タイトルの後に、サイト名や企業名を入れるのが一般的に良いとされています。
タイトルの内容がどこから提供されているか訴求する事で、ブランディングの向上に役に立ちます。
また、企業名、サービス名に圧倒的なブランド力がある場合は、タイトルの先頭につけるのもクリック率を上げる為に効果的です。

 

文字数に注意する

キーワードを含めたタイトルにする

検索結果で表示されるタイトルは、30文字弱となっています。
一覧表示された時に、意味のわかるタイトルにしておく必要があります。
都度、検索エンジンの仕様は変わって行くので、何文字という明確な数字を明言できませんが、30文字前後で意味が通るタイトルにしておけば、ある程度の幅で対応できると思います。

もちろん、上位に表示されても意味が分からなければ、クリックされません。
そう言った意味で、文字数を考慮しつつ、分かり易いタイトルを付けて行く必要があります。

 

タイトルでオススメの区切り文字

yahoo検索結果

google と yahoo! では、検索結果の文字の半角全角の扱いが変わります。
「|」を、区切り文字としてよく使います。
全角で使った場合には、yahoo! では、半角に変換されてしまうので、全角でいれておくと google で見た場合には見やすいのですが、Yahoo! は、半角に変換される事でスペースが詰まってしまい見づらくなってしまいます。

半角の「|」を使用して、前後に半角のスペースを利用するのが、一番見やすいと思います。

 

クリックしたくなるタイトルを考える

FV076

「〜〜に必要な◎のポイント」などまとめサイトに見られるようなタイトルをよく見かけます。
このタイトル見たとき、ちょっとクリックしてしまいませんか?
もちろん、全く興味のない内容であれば、スルーしてしまうでしょうけれども、少しでも興味があったり、引っかかっていた内容であれば、
『おっ?』
って、思ってついついクリックしてしまいますよね?

このように数字を入れる事で訴求する事も、クリック率を上げる一つのポイントです。
その他、検索をかけてみると面白い興味の引き方を見つけられるかもしれませんので、検索結果で上位のタイトルを見てみると参考になります。

 

ライバルサイトのタイトルもチェックしてみる

ライバルサイトのタイトルもチェックする

イマイチ、クリック率が悪いと感じたら、狙ったキーワードで検索をかけて、ライバルサイトのタイトルもチェックしてみましょう。
他社の方が、魅力あるタイトルに出来上がっているかもしれません。
閲覧者は正直ですから、より自分の答えが近いものが見つかるであろうサイトにアクセスします。
その判断基準はタイトルであり、どんな書き方が閲覧者に近いのかを教えてくれます。

 

 

まとめ

結局は、クリックするのは閲覧者。
どこまでいっても正解はありませんが、閲覧者の視点にたって、どんなタイトルがクリックするだろうかと考えられる事が大切です。
ネットサーフィン時や、ニュースアプリを見てる時、自分がどんなタイトルでクリックしているのか、ちょっと考えてみると、それも参考になると思います。
少し意識するだけでも、訴求力の高いタイトルが書けるようになります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?