google、スマートコンタクトレンズを開発中

B_1740inc_A_RT_8_TH_f_1_610x366

極秘の研究部門「Google X」で開発中の最新プロジェクトに、スマートコンタクトレンズがあるようです。

ご存知でしょうか?

ただしこのプロジェクトを、これよりはるかに華やかで、消費者が間もなく手軽に使えるようになる「Google Glass」とは違うようです。

スマートコンタクトレンズは、Calico(Googleが新たに手掛ける医療ベンチャー)部門から生まれたものではなく、それでもヘルスケア分野の中では極めてニッチなプロジェクトなのです。

スマートコンタクトレンズは、特に糖尿病と診断された人向けに、涙液中のグルコース濃度を測定するために開発されています。
レンズは、極小のワイヤレスチップと小型化されたグルコースセンサを備える。いずれも、2層になったソフトコンタクトレンズの間に組み込まれています。

このプロジェクトの共同創設者であるBrian Otis氏とBabak Parviz氏は米国時間1月16日夕、ブログ投稿でプロジェクトの細部を詳しく説明し、中でも糖尿病治療を目的としたコンタクトレンズを開発する動機について強調しています。
世界で19人に1人が糖尿病を患っているという。

B_1740inc_A_RT_8_TH_f_1_610x366

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?