楽天市場、銀行決済の振込先を「楽天銀行」に一本化

a0002_004089

「楽天市場」で商品を購入し、代金の支払いに銀行振込を利用する場合の振込先が、11月13日から楽天銀行の口座に一本化されました。
楽天側は「お金の流れを把握し、楽天市場の安全性を高めるため」と説明している。
つまり狙いは、偽の店舗を使った詐欺の多くは、振込先に銀行口座が使われている事が多く、これを未然に防ぎ買い物客が安全にネットショッピングを出来るようにする為だと考えられます。

これに反発するサンドハウスは、「楽天が決済口座を楽天銀行の口座に一本化すると決め、顧客に告知した。出店店舗の銀行口座を勝手に開設し、決済用口座としてはその口座しか認めないということは、これまでの日本の商習慣ではありえない」と自社サイトおよび楽天内自社サイトの掲載。
サウンドハウスの「楽天が自社グループの利益のみを追い求め、出店している店舗に対して一方的にこのような暴挙を行っている」に対し、楽天は「この施策によって楽天に収益があがるなどということはない」と説明している。

しかしながら、楽天銀行はこの施策により、各店舗のメインバンクへの送金等の手数料利益がかなり上がるのではないでしょうか?
楽天市場自体に利益はないとしても、グループとしては売上アップ!
自社グループのサービスをエサに、他のグループ内企業に縛りをかけるのは、いかがなものなのでしょう?

と、安易に思ってしまいながら、今日の業務に入る訳なのです。。

ABOUTこの記事をかいた人

GeoDesign

ホームページは、情報収集が得意なメディアです。 集めたデータを活用することで、ホームページの改善だけではなく、リアルマーケティングや、新商品開発に発展するまでにできるのです。
  • 成果の見えるホームページを運用したい。
  • デジタルマーケッターになれる広報担当者を育成したい。
  • 自社メディアでブランド力の強化と、顧客創造を図りたい。
こんな欲求をかかえるあなた。
  • どうしたらウェブサイトから成果が上がるのかわからない
  • 簡単に運用できるシステム、時間ロス・コストロスを減らしたい
こんな悩みをかかえるあなた。 私達にその欲求や悩みを改善するお手伝いを任せてみませんか?